FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


GDPの下落を防ぐには?
日本は現在、先進国の中でも一番GDP成長率が落ち込んでいます。
しかし、これは過去に起きた経済不況の教訓を生かした数字でもあったのです。

日本の景気対策に欠けていること

つまり、トヨタなどの日本を代表する製造業者たちは、過去に学んだ教訓により、一気に生産調整を行ったわけです。
これでは、GDPが一気に下落するのも当然の話でしょう。

しかし、この生産調整の嵐が吹き荒れる中、生産調整を解除しなければならない自動車メーカーがあります。
それはホンダです。

ホンダは2月6日(金)に発売された新型「インサイト」の発売後約1ヵ月での累計受注台数が、3月9日(月)までで月間販売計画5,000台の3倍以上の約1万8,000台となり、納車まで数ヶ月待ちだそうです。

また、あまり目立ちませんが、なぜ売れているかという理由のひとつに政府の景気対策としてHVなどエコカーの自動車取得税と重量税が4月より3年間免税というのがありますが、実は私はこれが一番のポイントではないかとにらんでおります。

現在、ドイツでは、旧型車の廃棄を促す政府の補助金制度のおかげでドイツの新車販売が急増し、2月の新車登録台数が前年同月比21%増の27万8000台となり、過去10年間で最多を記録したそうです。

このことからも分かるように、政府はもっと大規模に自動車販売に関する、優遇税制等を施行すべきでしょう。
そうすれば、GDPもだいぶ回復するのではないでしょうか。

クルマの免許を持っていない人は「不公平だ!」との声を上げそうですが、GDPが回復すれば、皆に安堵感が広がり、結果、他の産業にも恩恵をもたらすでしょう。
それに、日本は誰がなんと言おうと自動車大国であり、それで大きくなった国でもあります。
日本は海洋国家であり、陸地は山ばかりで自動車なんて普及するはずがないと言われていた時代があるにも関わらずです。

ですから、この際、一番落ち込んでいる、自動車産業にこのような政策を施してはいかがでしょうか。
また、家電業界のために、2011年テレビのアナログ放送停止をネタに、テレビ買い替えの補助金を出してもいいのではないでしょうか。




=============================
☆本家サイト
知恵の輪
【PC】 http://www.chienowa.bz/
【モバイル】 http://www.chienowa.bz/m/

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
=============================
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 知恵の輪ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。