FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


不景気はハングリー精神を呼び覚ます
人間というのは、不足が生じると行動を起こすものですね。
この記事を読んでそう思いました。

副業容認も影響…「週末起業」再び脚光、セミナー盛況

会社を辞めずに起業する「週末起業」が脚光を浴びている。IT(情報技術)バブル後の不況時にブームになったが、景気回復に伴う雇用改善で収束。しかし、自動車や電機などの業績悪化で人員削減や賃下げが表面化し、富士通や東芝などが副業を容認して再び注目を集めているようだ。
週末起業の名付け親として知られる経営コンサルタント、藤井孝一氏が主宰する「週末起業フォーラム」の入会者は1月以降、前年の5割増のペース。30?40代の男性会社員が多いが、「最近は派遣社員が増えた」(藤井氏)のが特徴だ。セミナーの回数は倍増させたが、すぐに満員になるという。藤井氏の著書「週末起業」(筑摩書房)は昨年10月、約4年ぶりに重版された。
飲食業の週末起業を支援する「週末飲食オーナー倶楽部」も昨年8月以降、入会者が急増。最近は興味本位でなく、具体的に準備を始める会員が増えたという。
高樹公一代表も平日は電機大手に勤務する一方、ラーメンと焼き鳥の計3店舗を経営。年商2億円を稼ぐ。店舗経営は初期投資がネックだが、「安定収入のある会社員の信用をうまく使って銀行から資金を借りた」と明かす。

2009年3月12日 ネタりかより引用



最近の連日の人員解雇の影響が正社員にも影響がおよび、大企業各社は従業員の副業を認めております。
アルバイトをする人はさして増えていないようですが、自分でやりたいことをやってお金を稼ぐ、「週末起業」は盛況です。
この先どうなるか分からない不安感から、だったら一旗上げてやろうじゃないかというハングリー精神が見えてくるようです。

将来に対する不安があっても動かないという人は、まだまだ余裕があると考えてもいいのでしょう。
いよいよ、余裕がなくなった人はなにかでメシのタネを探さなければなりません。
ホームレスの人などは、空き缶を集めて売ったり、雑誌を集めて売ったりして日銭を稼いでいます。
日銭を稼がなければ死に直結するため、案外、生きていくためのパワーは勤め人よりあるかもしれません。

結局、栄える国というのは政治家の力でも官僚の力でも無く、個人個人が生きていくためのパワーを出すか、出さないかの話なのではないでしょうか。




=============================
☆本家サイト
知恵の輪
【PC】 http://www.chienowa.bz/
【モバイル】 http://www.chienowa.bz/m/

☆専門的なお悩みはこちらへ
ロイヤーズプロフネット
【PC】 http://lawyer-prof.net/
【モバイル】 http://lawyer-prof.net/m/
=============================
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 知恵の輪ブログ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。